--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 --:--:--   [スポンサー広告]
2006.11.28 Tue
焼きそば3変化
焼きそばって大概3食入で売っています。
専用の粉ソースが添付されていたりしますけど、
1人で消費期限内に食べようとすると、さすがに味が濃くて飽きるのです。

そこで!最近はアレンジ焼きそばにチャレンジしているのであります。
1食目は普通に添付ソースで。

shioyakisoba.jpg

2食目はエスニック焼きそば。
固焼きそば風にしているんですけど、麺が見えない。。。
ソースの代わりにナンプラーと塩コショウで味付け。
これが意外にうまくて、最近結構はまっています。

modernyaki.jpg

3食目はモダン焼きにしてみました。 
マヨネーズのウェイヴがちょっと収まったかな?
強い圧力で、なるべく速い速度でやるといいみたいです。
スポンサーサイト
 11:30:40   comment:0   trackback:0   [麺's beauty!]
2006.11.24 Fri
チラシ
寿司、じゃないです。
新聞の折込広告の話です。

新聞の購読をやめてから、結構長いです。

新聞をとっていない唯一のデメリット(ってほどのもんでもないですが)は、
「広告の品」を自宅で知ることが出来ないこと。
(月々の新聞代分以上に「広告の品」でトクできるかは微妙ですが。。。)

最近大手のスーパーはチラシをPDFファイル形式でHP上にアップしています。
これ、結構助かるんです。
こまめにチェックしています。

中小のスーパーはHPはあってもチラシ情報がないところが結構多いです。
もっとHP上にチラシをアップしてくれるスーパーが増えてくれると助かるなあ。
そんなコストも手間もかからないと思うし。。。

そういえば一昔前、廃品回収の日には各家庭の玄関先に
新聞の束が積み上がっていましたけど、今は見ないですね。
 22:37:48   comment:2   trackback:0   [ごった煮話]
2006.11.22 Wed
和食は究極の「手抜き料理」なのだ
和食ってどうも料理上手な人が作るっていうイメージありますよね。

ずぇーーーーーったいそれは違うっ!!と常々思っております。

和食って基本的には鍋が作ってくれる料理が多いと思うのです。
手間がかかると思われがちですが、煮込んでいる間に洗いもんとか
もう一品作るとか、何かやっている間に出来ちゃいます。
フライパン一個でちゃっちゃと出来るものも多いですし。
特別な技術らしいものって、ほとんど要らないわけで。
そりゃ料亭みたいなのってのは無理ですけど。。。

しかも、「おそうざい」っていう作り手には魅惑的なおかず達があるわけで。
おそうざいも手が込んでいるように思われますが、
大概フライパン一個でちゃちゃっと出来るようなものですし、
なんといっても「作り置き」が基本ですから、ドカッと何種類か作っておけば
あとはとっかえひっかえちょこちょこ盛って出すだけ。
こりゃあホントに楽ですよ。忙しい方にうってつけ。

これが中華とか洋食というと、そうはいかないわけで。
基本的に作りたてでないと美味しくないし、何よりテクニックを要求されるし。
個人的にはとりわけ中華料理が不得手なのです。(汗)
ごはんぱらぱらチャーハンとか、先日敗退した餃子とか、炒め物とか。
香ばしくて美味しいチャーハンが出来る人って尊敬しちゃいます。

というわけで今日も我が家の冷蔵庫には、お惣菜タッパーが積みあがっています。




 22:15:11   comment:0   trackback:0   [ごった煮話]
2006.11.21 Tue
お好み焼き
普段、精進料理みたいな地味~なもんばっかり食べていますが
その反動で、時々すんごくジャンクなもんを食べたくなります。

何食べようか思い浮かばない時がジャンクチャンスです。
とりあえず冷蔵庫の野菜室を引っ掻き回して、入れられそうなもんを探します。

母の実家が広島でして、子供の頃は広島風お好み焼きをしょっちゅう食べていました。
具材分離方式ってやつです(勝手に命名)。
ホームパーティっていうと、たいがいホットプレート出してお好み焼き。(笑)
今はわざわざホットプレートまでは出しませんが、実家の味を思い出しつつ
フライパンで作ってみたりします。

夏の間、しばらく関西に行っておりました。
大阪はお好み焼き屋さんが無数にあって、あちこち食べ歩いてみました。
どこもうまかったな~。
粉の液に全部具を入れてしまうのが大阪風。
これもうまいんですよねー。

比較的最近、広島で本場広島風お好み焼きを食べてきました。
子供の頃にやっていた、正にあの作り方なのです。
びっくりしたのが、キャベ千をこれでもか!っていう位積み上げるんですよね。

hiroshima_okonomi.jpg

広島のお好み焼き。高さ10cm近くこんもり盛り上がっています!


焼きあがったお好み焼きはキャベツがふんわり。うまいーーーー!

感動したので、最近もっぱらキャベツてんこもりお好み焼きにはまっています。

そんなこんなで出来上がったのがこちら。

okonomi.jpg


見てくれはアレですけれども。。。(汗)
大根の葉が余っていたので、刻んで入れてみました。
マヨネーズとソース、正にジャパニーズ・オーロラソース!

ところでお好み焼きのマヨネーズって、かけるのが難しかったりしませんか?
どうしても波打って「~~~~~~~~」って感じになっちゃいます。
まっすぐになってくれないのです。
どうすればいいのかな?やっぱり力を入れずに出すのがいいんでしょうか?

 more...

 06:33:39   comment:2   trackback:1   [こな臭い話]
2006.11.17 Fri
重曹(泉)ブーム。。。?
bakingsoda.jpg


去年あたりから、巷のエコな人たちの間で「重曹」がブームなんだとか。
ブームというより定番化?
洗い物や掃除の際、市販の洗剤の代わりに大活躍なんだとか。

参考サイト(all about)


お菓子作り用に買っておいた重曹を、鍋のこびりつき落としにつかってみたところ
つけ置きしても落ちなかった汚れが面白いように落ちました。
肌にも優しく、それでいて汚れがばっちり落ちてくれるのは嬉しいです。

重曹、と聞くと温泉好きの私の脳裏に浮かぶのは、重曹泉。
今風にいうところの「炭酸水素塩泉」であります。
家の風呂にこの重曹を入れちゃえば、正に重曹泉が造成できちゃうわけで。
一方、よく温泉地に地元の方用の「洗濯湯」なんてあって、
地元の方が食器洗ったり、文字通り洗濯したりしていますけど
もし重曹泉だとしたら、それこそ天然洗剤で洗っているようなもので
すごーく合理的ですよね。
うーむ、奥深い。。。

実際含有量の多い温泉なんかだったら、成分を抽出して
売れるんじゃないでしょうかねぇ。
「温泉由来の重曹で」とかなんとかキャッチつけて。
むしろ、洗剤として温泉水を売るとか。

さすがに製品化できるほどの成分を含有しているところなんてないか。。。

ちなみに「酢で掃除」だったら、強酸性の湯を使えばいいんじゃないかなーと。
でも強酸性の湯は大概硫黄を含有しているから、
汚れが落ちる以前に洗う物を相当痛めちゃいそうですけどね。。。
 20:56:53   comment:0   trackback:0   [ごった煮話]
2006.11.16 Thu
冶部煮
ジブリ、じゃなくて、ジムニー、でもなくて
冶部煮であります。

かぶ、大好きなのであります。
美味しい時期になりましたよねー。

ちょくちょく「3分クッキング」のサイトをチェックしています。
なかなかリアルタイムでは見られませんが、レシピを見るだけでも結構楽しいです。
その日限りで動画も見ることが出来ます。

冶部煮が紹介されていました。
たまたまかぶがあったので、昨日作ってみました。
鶏肉は半分の量にして、その代わり厚揚げを入れてみました。

jibuni.jpg


レシピ通り鶏肉に小麦粉をまぶしておいたら、つるんとした舌触りで
美味しかったです。
ただ、このレシピだと、ちょっと塩がきつかったかなあ。
なので、以下改良ver.です。

 more...

 23:30:14   comment:0   trackback:0   [スーパーヤサイ人]
2006.11.15 Wed
コーヒージャンキー
。。。coffee.jpg


ほぼゲコでして、お酒は基本的にほとんど呑まないんですが、
コーヒーは、もう浴びるように呑んでいます。
多分コーヒー中毒だと思います。
しばらくコーヒー断ちした後に飲むと、頭にじーんとくるのです。
なんかヤバイ感じですけど。
 06:45:35   comment:2   trackback:0   [ごった煮話]
2006.11.14 Tue
大根と鶏手羽元の煮物
大根が甘くて美味しくなってきました。
最近大根の相場もだいぶ下がってきましたねー。
今、最安値だと1本58円。

手羽元ってうちの方の相場だと最安値は38円/100g。
安いけど、煮込むといい出汁でますよね。
というわけで、煮てみました。

daikon_nimono.jpg




大根と鶏手羽元の煮物

☆材料

鶏手羽元4~5本
大根 2分の1本
人参 小1本
出汁昆布 10cm
醤油 大さじ2(こってりめがよければ大さじ3)
みりんor砂糖 大さじ2~3
酒 大さじ1~2
米のとぎ汁 適量
(好みで、しょうが 1片)

☆作り方

1.できれば前の晩からキッチンバサミで昆布を1cm×5mmに切り、
2カップの水につけておく。

2.大根、人参を乱切りにし、鍋に入れ、米のとぎ汁をひたひたに入れて、
柔らかくなるまで下ゆでする。

3.2.と同時進行で、手羽元を鍋に入れ、1.を昆布ごと注ぎ、
酒、砂糖orみりんを加え、2時間以上ことこと煮込む。

4.途中2.の大根が柔らかくなったら、ざるにあけて軽く洗い、
大根と人参だけを3.に入れて、醤油を加えて一緒に煮込む。

5.味を調えて、冷めるまで放置し、味が沁みたら出来上がり。



とにかく時間はかかるので、家に1日居るときでないと作れないという
ある意味贅沢な料理なのかも。
 06:57:45   comment:0   trackback:0   [スーパーヤサイ人]
2006.11.13 Mon
あらためて、焼き餃子
残りの餃子を改めて焼いてみました。
今回は、最初にこんがり焼いてから、蒸し焼き。

 more...

 06:58:49   comment:0   trackback:0   [餃子部]
2006.11.12 Sun
餃子部 第1回自主練スペシャル
キャベツ、最近安いですね~。1玉78円くらい。

ふと気づいたら、キャベツとにらが冷蔵庫にありました。
餃子、できるじゃないですか!
はたと思いつき、作ってみることにしました。

ええと、でも肝心の皮がない。
でもわざわざ買いに行くのはかったるいなー。

ってなわけで、皮から作ってみました。
「あるもので作る!」正に家庭料理の美学であります。

とりあえずネットで作り方を探しまして。
ピザ生地はちょこちょこ作っているので、あれのちっちゃいver.でいいんだよね?
なんて気軽に考えておりましたが、甘かった。。。
なにげにこれ、手ごわいのであります。
はっと気づいたら、作り始めて2時間。。。(汗)

以下がその感動のドキュメントです。(超長編スペクタクル注意)

 more...

 19:00:14   comment:0   trackback:0   [餃子部]
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。